我が家のクリスマスプレゼントの夢の無い譲り諸君

わが家には、二人の幼稚園児の男子がいる。
両者は、あっという間にクリスマスだからクリスマス恩情を何にしようかってワクワクして楽しみに待っていらっしゃる。
そういった二人の度合いはとても可愛くて、クリスマスって良いなと思います。
そんな風に両者を見ていたら、亭主が今年はいつクリスマス恩情買いに行く?と聞いてきました。
クリスマス今日は、お出かけする目論見だからそれより前に子とともに買いに行こうか、と提案されました。
のろいよりは速い方が良いしな、という。
これまでも確かに、クリスマスの朝方に枕元に置いていた靴下にサンタさんからの恩情が、というのではなく亭主が渡してはいましたが、クリスマスより先に子どもたちという買いに行って取り出すなんて、あまりにもサンタさんがいるといったエントリーを見られない譲り近隣です。
はからずもそれには違和感を感じる自身ですが、亭主は従前サンタさんから恩情が貰えていたのだと思い込んでいた、小学校三年生くらいの頃にサンタさんからではないと知って裏切られたと思ったんだと言います。
騙されたというモチベーションが強くて、子を騙してはいけない、だからサンタさんからとは言わなくていいと主張しました。
気持ちは分からなくもないのですが、私としては、あんなあこがれる機会もあっても眩しいようなガッツもします。
自身なりの亭主へのささやかな物言いとして、プチギフトというあま味というちっちゃな遊具の詰め合わせもクリスマス当日の朝方には枕元に置こうかなと考えてます。
子が喜んでくれたらそれで良いのですから、ね。オーラクリスターゼロは効かない?