行きつけの食堂で、やっと「鳥の光沢焼き」を食べました

月に3回ほど出向く食堂があります。
定食などはなくて、おかずがカウンターに並んで居残る。
それを自分で選んでトレーにのせる、セルフサービスの食堂です。

ちょっと値上げしたような気がします。
この食堂は、冒頭皿の価格を10円ぐらい変動して、目立ちがたく価格の取りまとめをします。
それでも野菜が良いし、要素のクライアントは大変そうだし、仕方がないかもしれません。

とびきりステキな口当たりではないけれども、なんだかの口当たりです。
不作法かもしれませんが、この食堂はおかずよりも食べ物が美味しいのです。
知る人ぞ知る、「三田アメリカ(ちゃんだまい)」を大きな羽釜で炊いてます。
三田アメリカは兵庫県三田市(ちゃんだし)産のアメリカです。
羽釜はガス火で炊いていると思われます。
さすがに薪火ではないけれども、まばら家では真似できない口当たりです。

おかずは揚げ物群衆や野菜のお副食が旨いです。
肉じゃがなど煮物の主菜は、自己流の味付けではありません。
砂糖をごっそり訴えるらしく、思い切り甘いのです。
老舗の食堂にはよくある味付けで、郷愁をさそう口当たりではありますが。

で、すやすや召し上がるのは「鳥のから揚げ」。
何度も食べているから、目下飽きてきました。
それで新内容の「鳥のつや焼き」にトライしました。
いけます。ともかく少し甘めですが、ごはんが進みます。

食堂のテレビジョンでは、伝言が企画されていらっしゃる。
メキシコに車ワークショップを築き上げるのが、延々と言っています。
どうなることやら。甘辛い鶏肉を噛みしめながら、考え込んでしまいました。ブリアン(虫歯菌除去)/通販│子供の乳歯、永久歯を虫歯から守る歯磨き粉!初回限定60%オフ