誰も言ってくれないから、自分自身に言ってあげたい。 あまりがんばったねって。

子供達の夏休み間一髪、義母の足取りが思わしくない事が発覚。 腹部の静脈瘤がいつ炸裂してもおかしくない時まで悪化しているという。 せっかくの夏休みだというのに、父は遠出はできない。 仕方がないので本体といった子供達だけで二泊三太陽のトリップに出た。 ツアー時は何事もなかったのでやはりセキュリティ。
その2ヶ月上、義母がたおれた。 手術しないと端数日しかもたないと。 しかし、手術にはもっと耐えられない状態にあると以前から言われていたので、苦しまずに静かに逝くようにといった手術は諦めた。 週間頑張ってくれた義母。 週間のあいだ、毎日のようにモデルで1瞬間の距離をお見舞いのために往復した。
遂に亡くなった義母。 最後のお別れの上、次男が高熱を出したので。収益通夜も葬式も参列できませんでした。
仏壇の取扱からお寺の申し込みなど、男子といった義姉といった駆け回り四十九太陽までやはり終え、安全。
そんな中、おいが集客を骨折。 うちを通じて近いので住居からアカデミーへ問うことになりました。 病院に付き合ったり、アカデミーまで迎えに行ったり。 寝床の取扱から暖簾、お弁当の取扱まで、意外と忙しかった。 一緒に生活した事が弱い高校を、楽に2週間も迷惑を見極めることになり、胃が痛かったし疲れた。
甥っ子の居候も終了したフロア、
今度は毎週2太陽ぐらい男子が視察するようになった。 パパゼロの足どりを理解できない幼稚園児の次男をなだめるのにも全然苦労した。 最近はようやく落ち着いたけど、ちゃんと去年後半の自身は奥さんとして婦人として叔母として頑張ったという。 も誰も褒めてくれない。 だからここで俺を褒めたい。 思い切り頑張ったねといった。 きちんとおつかれさまでした。息が止まるほど、臭い頭には⇒クリアハーブミストのお試しを。