100均で買って失敗した物。

昔の100均といえば、たまーにスーパーの催し物で登場し、微妙なヘアアクセサリーやオモチャが売っていたイメージです。
100均の店舗があちこちに出来てすぐも、謎の海外のお菓子や花瓶がやたらと売ってあったイメージですが、今は何でも揃ってますね。
家庭では欠かせない洗剤や調理器具、消耗品なんかも100円なので驚きです。
消耗品はやはりもったいないので100均を利用してしまいますが…中には100均で購入してはいけない物もあります。
1番差がわかりやすいのが、セロハンテープ!
少し価格が高くても普通のメーカーのセロハンテープを購入すべきです。
100均のセロハンテープはテープの厚さが薄すぎて使い辛く、少し間違って剥がしたくてもテープ自体が弱いので裂けてしまいます。
また、一巻きに巻いてある長さも実は短いのであっという間に使い切ってしまうのです。
これなら普通の価格のセロハンテープを購入したほうが使い易く、長く保ちます。
同様なのが食品用のラップ。
ラップを出した瞬間にわかるペラペラ感です。
もちろん、食器には上手くくっついてくれません。
しかも食品用ラップも一巻きがとても短いので、すぐに使い切ってしまいます。
セロハンテープや食品用ラップは日時生活でサッと使いたい場面が多いので、使い勝手が悪く、すぐに無くなる物はコスパが良いとは言えません。
目の前の100円という価格は魅力的ですが、よく考えて購入しないと『安物買いの銭失い』となってしまいますね。ロコモティブシンドロームは運動器症候群とも呼ばれ今後一番厄介な存在です。早めの予防を!